2005年04月29日

四二九の茶会

お茶会の様子(1)

4月29日は無限塾の創立記念日であり、この日にちをもじって「四二九(しふく)の茶会」と題したお茶会が開催されました。
(無限塾の先生は居合や体術だけでなく、茶道も教えています)

茶道といえば格式張った堅苦しいイメージもありますが、この四二九の茶会では気楽に楽しんでもらおうと写真のようにベンチに座ってお茶をいただきます。

この日は体術の昇級審査会も兼ねていましたので、体術を習っている子供たちもお茶菓子とお茶を味わっていました。

また居合道の大会が5月3日〜4日に京都で開催されるため来日していたオーストラリア支部メンバーも参加しました。

お茶会の様子(2)

お茶のおかわりをしたり、お茶を飲みながらお互いに写真を撮り合ったりと、日本文化を満喫していたようです。

まさに「至福(しふく)のとき」ですね〜

2005年04月23日

刀の手入れ

先週は刀で怪我をしてしまいましたが、鞘が緩んでいたのが原因なので直しておく必要があります。
鞘の内側の削れている部分に経木を貼り付けて刀が簡単に抜けないようにしました。

また鍔(つば)のところも少し緩んでカチャカチャと音がしていたので、ばらして調整しました。

茎(なかご)と柄(つか)

鍔の上下に2つある小さな部品が、切羽(せっぱ)と呼ばれている物です。

「切羽詰まる」という言葉がありますが、鍔の前後で刀と柄に挟まれてしっかり固定され動かないことから転じて、身動きの取れない状態になってしまったことを表しています。

よく時代劇で、刀を構え直して「カチャッ」と音をさせている場面がありますが、それはこの切羽と鍔が緩んで音がしているので、手入れのなっていないダメダメな状態です^^;

それぞれの部品をよく磨いて、緩まないように調節して組み立て直し、刀身に油を引いて手入れ完了。

2005年04月17日

血を求める刀

久々に刀に血を吸わせてしまいました…

私は居合で真剣を使っているのですが、稽古が終わって刀の手入れをしようとしたところで、指を切ってしまいました。
_| ̄|○

刀は普通、鞘に納めたとき、はばきと呼ばれる部分で鞘に固定されています。

打刀拵の各部の名称
  打刀拵の各部の名称
  備前長船刀剣博物館 備前おさふね 刀剣の里より

居合の稽古で刀を抜き差ししていると、鞘の内側が削れてきてしまうので、緩んでいたんですね。
手入れのため柄の方を持って刀を持ち上げた拍子に鞘が抜け落ちてしまい、鞘をつかもうとした左手が刀身に触れてしまいました。

「やばっ」と思ったときには、親指の内側に1cmほどの切り傷ができていました。
切れた瞬間にはただ切れ目があるだけなのですが、次の瞬間に血が出てきます。
幸い、傷が浅かったので血はすぐに止まりましたが…

以前、稽古の途中でやはり指を切ってしまったことがありますが、そのときにはなかなか血が止まらず、夏の最中なのに背筋が寒くなりましたが^^;

気を付けないといけませんね…

2005年04月08日

ADSL速度アップ

うちでは3年ほど前にISDNからADSLへ変更しました。
そのときは@nifty(イー・アクセス)の8Mコースで、実際の回線速度は2.4Mbps程度でした。

線路距離長(自宅〜NTT収容ビル)が約2.9Kmあるので、まあそんなものかと思ってたんですが…
最近になって@niftyのホームページを見たら、ADSLの「スタンダード」コースが最大50Mbpsとなっています。
50M!? Σ(゚Д゚;)

まあさすがに50Mbpsも出るとは思いませんが、それでも3年の間に技術も進んでいるし
もしかしたら少しくらい早くなるんじゃ?
と淡い期待を抱きながら、コース変更(速度アップ)の手続きを申し込みました。

NTTの工事が7日と決まり、前日の6日に新しいADSLモデムが届きました。
「まだ工事が終わってないけど、コレつないだらどうなるんだろ?」
早速つないでみると…
2.9Mbpsでした (´ー`)y-~~
微妙に速くなりました。

そして7日の工事が終わって再度計ってみると…
4.5Mbps! ヽ(´ー`)ノ
以前の2.4Mbpsからするとかなりの速度アップですね〜
体感的にも速くなった気がします。

ADSLをだいぶ前に開通させた人は、試してみる価値があるかも。
ないかも。(どっちだ)

2005年04月01日

新型MINI購入!

BMW MINI

これまで乗ってきたRover MINIに別れを告げ、新しいBMW MINIを購入しました。

思えば1997年に中古で手に入れて以来、8年間の長い付き合いでした。

>> "新型MINI購入!"の続きを読む

2005年04月その他のエントリー