2005年08月15日

桃&ぶどう狩り

桃

フルーツ王国山梨へくだもの狩りへ行ってきました。
今回の獲物は桃とぶどうです。

桃狩りは一般的に6月下旬〜8月中旬がシーズンですが、事前にいくつかの農園に確認してみたところ、既に終わっているところもありました。
この週末を逃しては来年まで来年まで狩れないかも!?
ということで、お盆の渋滞を懸念しつつの出発です。

あらかじめ日本道路公団のハイウェイナビゲーターを使い、渋滞予想を考慮して早めに出発しようとしたのですが、高井戸〜八王子あたりが7時から急に混みだすらしいということで、5時に出発です。
気合入りすぎ^^;

おかげでそれほど渋滞につかまることも無く、勝沼まで来ました。
そして塩山方面へ北上しやってきたのがここ、松里果樹園です。

到着すると、テーブルにたくさんの桃とまな板とナイフが用意してあります。

桃食べ放題

ここのシステムは、食べ放題で好きなだけ桃を食べ、あとでお土産用に木から桃を取ることが出来ます。

まずは食べ放題ということで早速皮をむいて桃を口に入れると…
甘い果汁と柔らかな果肉が口いっぱいに広がります ヽ(´▽`)ノ
丸い普通の桃と、平べったい変わった桃(蟠桃というらしい)の2種類があって、違った味が楽しめます。
結局、1人4〜5個平らげてました。

そしてお土産用の桃を狩りに行きます。

桃狩り

なるべく大きいのを選んできました。

狩った

桃狩りに満足したハンター一行、次なる獲物を目指して御坂方面へ。
御坂と言えば、フルーツ街道と呼ばれるほど農園の多い地域。
その中から、御坂農園へ入りました。

ぶどう狩りを申し込むと、裏手のぶどう果樹園へ案内されます。

ぶどう

大きく実った巨峰が数え切れないくらいぶら下がっています。
ここでは自分で房を切り取り、その場で食べ放題です。
一房丸ごと切り取ってもいいのですが、それだと食べるばかりになってしまうので、一房の半分だけ切って、食べたらまた別の房から少し切って…ということもできます。
こちらも口に入れた瞬間、ぶどうジュースのような(というかジュースそのままの)果汁がほとばしります (*´д`*)

いくつでも食べられそうですが、だいぶ暑くなってきてたのと、立ちっぱなし(しかも木が低いので若干かがんで)だったので、適当なところで切り上げて休憩してました (´ー`)y-~~

桃・ぶどうとフルーツを満喫したところで、今度は甲斐名物「ほうとう」を食べに行こう!
ということになりました。

とりあえず河口湖方面へ向かいながら、お店が見つかったら入ろうということで走り出しました。
早速道路わきに看板が出ているので見てみると…
「この先18分」
どんだけ先ですか…

そのまま走っていると、先ほどの看板とは店の名前が違うけれど「ほうとう」と書いてあるお店があったので車を停めました。
いざ入ろうとすると、どうにも雰囲気がよろしくない。
よく見るとひさしのうえに大きな蜘蛛の巣が張ってるし…
「どうしよう?」
「あんまりおいしそうじゃないよね…」
などと店の入り口の前で話した挙句、やっぱり他のところにしようと車へ戻りました。←やな客だ^^;

しばらく進むと、今度はこざっぱりしたお店が見つかったので、そこへ入ります。
座敷から河口湖を臨む、景色のいいお店です。

みんなでほうとうを頼むと、熱々の鍋が出てきました。

ほうとう

野菜が良く煮込んであって、とてもいい味が出ています。
汗をふきふき食べていくと…
底のほうから次から次へと白菜が出てきます。
鍋の中で増殖してるのでは!?
というくらい白菜が出てきました。
全部食べましたけど^^;

桃狩り、ぶどう狩り、ほうとうと山梨を満喫し、温泉に入って帰路につきました。
東名は30km渋滞してましたけど…_| ̄|○

2005年08月その他のエントリー