2007年01月22日

一本歯下駄

下駄

稽古始のとき、熊野支部の方から下駄をいただきました。

上から見ると普通の下駄に見えますが、

ゲタ

実は一本歯の下駄です。

天狗下駄とも呼ばれ、山伏などが使っていたようです。
平地では普通の下駄より不安定ですが、斜面でも足を水平に保てるという利点があるらしいです。
またバランス感覚を養う効果もあるそうです。

げた

裏を見ると歯のところにゴムが貼り付けてあり、滑り止めと消音の配慮もされています。

売っててもおかしくないこの一本歯下駄ですが、なんと手作りなんですねー
Σ(゚Д゚;) びっくり!

この熊野支部の方は木材を扱う仕事をされていて、以前から木刀、衝立、下駄、道場の看板などいろいろなものを作ってうちの先生に贈ってくださっていました。

特にその木刀は、通常のものより若干長く素振りに良いのと、形がとても気に入ったので密かに狙っていました。
そして去年の京都大会で優勝した際、先生から「(お祝いに)何か欲しいものがあるか?」と聞かれたので、「あの木刀が欲しいです」と答えました。
そうしたらその話を聞いた熊野支部の方が、「じゃあまた作りますよ」と言ってくださったらしいのですが、今日お会いしたときに「木刀は今作っているので、今日はこれを」と言って一本歯下駄をくれました。

使うのがもったいないくらいだな〜
しばらく床の間に飾っておこうか・・・(床の間なんてないけど)

2007年01月21日

稽古始之儀

今日は大日本居合道連盟の明治神宮正式参拝と稽古始之儀がありました。

去年は前日に雪が降って大変でしたが、今年は穏やかないい天気になりました。

まずは明治神宮への正式参拝ということで、例によって紋付袴姿の集団がぞろぞろと境内へ入って行きます。
それを見た参拝客の皆さん(特に外国の方)は興味深げにカメラを向けています。
「剣道とかの集まりじゃない?」とかささやく声も聞こえたり。
説明して回りたいところですが、今回は撮影係なのであちこち移動して写真を撮らなければなりません。

至誠館(武道場)に戻ると、四方祓いと稽古始め(演武)が行われます。
ここでも撮影係としていろいろな角度からシャッターを切ります。

が、道場の中だとどうもうまく撮れません。
フラッシュをたくと逆に暗く写ったり、色合いが少し変になるし、
たかないとシャッタースピードが遅くなってぶれやすくなるし、
どうしたらいいんですかね・・・
コンパクトデジタルカメラでは難しいのかな?

「撮影係の割には画像がないぞ?」と思われるかもしれませんが、他の人のカメラで撮っていたので今手元に画像がありません・・・

毎年、寒いので「羽織を買おう」と書いてましたが、今回は先日購入したとんびを持って行きました。
居合の関係者には和装に親しみのある人が多いせいか、あるいは年寄りが多いせいか ^^;
「お、変わったの着てるね」とか「いいの着てるね」とよく声をかけられました。
「オーダーしないと買えないでしょう?」とも言われましたが、私のは既製品の安物です。
いつか誂えられたらいいですねぇ。

2007年01月03日

とんび

とんびとMINI

正月に着物を着るのに、羽織だけだと寒いかなと思ってコートを用意しました。
(実際にはそれほど寒くなかったので出番がありませんでしたが)

「インバネス」と呼ばれる、ケープの付いたコートです。
スコットランド北西部の地名に由来し、明治頃に日本に入ってきて「とんび」と呼ばれるようになりました。

とんびの袖口

ケープの下を見ると、袖口が大きく開いています。
和服でも袖が通せるので、和装のコートとして大正〜昭和初期にはずいぶん流行したようです。

もちろん、洋装にも合います。
普通のコートと違って、この袖口からズボンのポケットにも手が届くので便利です。


ただ、これ通信販売で買ったのですが、届いて早速着てみると、

購入直後の状態

ケープの部分が長すぎました・・・
適応身長が175cm〜185cmとなっていた(私の身長は179cm)ので大丈夫かと思ったのですが、
手が完全に隠れてしまってますね。
ちょっと格好が良くないし、ケープが邪魔で手が使いづらいです。

で、実家に帰省したときに着ていったら、母がケープの裾上げ(?)をしてくれました。

ケープの裏

ただ切って折り返すだけではなく、裏地もきちんと処理してあります。

着物を着たときだけでなく、スーツのときも着ていくかな〜

2007年01月01日

お正月を写そう

着物とMINI

元旦から営業するお店が多くなり、正月らしいことがだんだん少なくなっている昨今、
少しはそれらしいことを、ということで着物を着てみました。

この着物は大宮のさかえ屋さんで購入した正絹のアンサンブル(羽織と着物のセット)です。
古着だと身丈や裄の短いものばかりで、かといって仕立てるとお金がかかるし…と思っていたら、
正絹で3万円台と手ごろな値段のものがあったので年末に注文しました。

ただ、着物と羽織があっても、他に帯やら羽織紐やら襦袢やら足袋やら雪駄やら、いろいろ必要なんですよね。
私は居合で紋付を着るのである程度流用できますが、やはりそれなりの出費は必要になります。

それでも着物を着て街を歩くというのは、なかなか心躍るものがあります。


さて、お正月らしい風景を探して出かけて見ましょう。

グランベリーモールの人だかり

南町田のグランベリーモールに来てみると・・・
すごい人だかり!
でも和服の人はほとんどいませんでしたね。
一応、福袋は売られてますが、あまりお正月らしいものがないなぁ・・・


太鼓

と思ったらこんなものが。
太鼓の演奏会ですね。
お腹に響くいい音です。


鶴間公園

隣の鶴間公園に来てみました。
駅からすぐ近くなのにまるで林のような景色が広がります。
落ち葉の敷き詰められた遊歩道は静かで落ち着くねえ、ばあちゃん。

鶴間公園の東屋

東屋もあるし、広い芝生の広場もあるし、なかなかいいところです。
凧揚げをしている親子連れがいて、ここにもお正月らしい風景がありました。
写真を撮ろうとカメラを向けたら凧が落ちちゃったけど・・・

2007年01月その他のエントリー