2008年09月17日

鹿島〜銚子ドライブ

大鳥居

今日は天気も良いし、仕事なんかやめてドライブに行こう!
ということで、茨城の鹿島神宮へやってきました。

鹿島神宮は、8年前まで大日本居合道連盟の大会(秋季)をここで行っていたため、私も2度ほど来たことがあったのですが、今回は平日ということで人も少なく、のんびり見てまわることが出来ました。


杉林

大鳥居をくぐり楼門を抜けると、見事な杉林が続いています。
ここに限らず、神社の森というのは落ち着きますね。


要石

奥宮のさらに奥へ行ったところに、「要石」があります。

一見、柵の中に石が埋まっているだけのように見えますが、近くの立て看板を見ると

 この石、地を掘るに従って大きさを加え、その極まる所しらずという。
 水戸黄門仁徳録に、七日七夜掘っても掘っても掘り切れずと書かれ、地震押えの伝説と相俟って著名である。

とあります。

・・・今度ツルハシを持ってくるか。


さざれ石

こちらは「さざれ石(細石)」です。
「石灰質角礫岩」と呼ばれるもので、石灰石が長い年月の間に雨水で溶解し、その粘着力の強い乳状液が次第に小石を凝結し段々と大きくなり、ついには巌(いわお)となったものです。

「君が代」の歌詞で有名ですね。
実際、苔むしてました。
が、ここのさざれ石が歌われたわけではなく、君が代の由来となったさざれ石は岐阜県にあるようです。(Wikipedia参照)


鹿園

鹿島と言えば鹿ですね。
神宮境内に鹿園があります。
なんか奥のほうに固まってましたが・・・


宝物館

ここの宝物館には、国宝の直刀が展示されています。


国宝の直刀(クリックで拡大)

撮影禁止だったので、パンフレットの写真です。
実際に見てみると、刃渡り2.24mの巨大なもので、とても迫力があります。

同寸・同重量のレプリカが置いてあり、その重さを体感することが出来るのですが、
これはいくら稽古しても振り回せませんね〜


犬吠崎灯台

その後、銚子の犬吠崎を回って九十九里浜沿いにしばし走ってから帰途に着きました。


ピーナッツ味噌カツ丼

帰り、幕張PAに立ち寄ったところ、意外にきれいなPAだったので食事をしようと見ていたら
「ピーナッツ味噌カツ丼」なるメニューが(;´Д`)

いくら落花生が千葉の特産品だからって、何でもピーナッツ入れればいいってものじゃなかろうに・・・
と思いつつ食べてみると、割と美味しかったです。
デザートにピーナッツクレープ・・・は、やめておこう。減量中だし。

2008年09月その他のエントリー