2009年05月04日

第35回居合道全国大会

大日本居合道連盟の全国大会についての記事の後編です。(前編はこちら


大会の様子

去年は、全国大会では二日酔い、東京大会では風邪と、体調管理面でダメさを遺憾なく発揮しましたが、今年は万全の体調で大会に臨むことが出来ました。

まずは段位毎の個人戦です。
六段の部では自由業五本ということで、無雙直傳英信流から立膝の「横雲(よこぐも)」、奥居合の「戸詰(とづめ)」と「門入(もんいり)」、大日本居合道連盟制定の刀法から「切先返し」、「雁金(かりがね)」を選んで演武しました。
(個人戦や団体戦の説明は過去の記事を参照)

これを書きながら過去の記事を見ていたら、戸詰と門入は去年もやっているし、2006年もやってました。
なんとかの一つ覚えですねぇ・・・


切先返し

その後の団体戦は、千葉支部では人数が足りずにチームを組めなかったのですが、五段・六段のいない出光東京支部に助っ人(人数あわせ)として参加させていただきました。


その結果・・・

個人戦表彰 団体戦表彰

個人戦・団体戦ともに優勝しました ヽ(´▽`)ノ

もっとも、個人戦は平均得点(10点満点中)で見ると7.64〜7.90の間に14人がひしめく混戦で、ちょっとミスしたら順位が大きく下がっていたかもしれません。


この2日間、映像記録係として写真を撮ってまわっていましたが、帰って見てみると全部で612枚、1.63GBにもなっていました。
自分が演武している間は、他の人が代わりに撮ってくださいましたので、自分の業も含めて多くの写真を残すことが出来ました。

連盟の関係者で写真を見たいという方は、こちらからメールアドレスを記入の上、ご連絡ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"第35回居合道全国大会"へのトラックバックはまだありません。

コメント

おお、2冠達成、おめでとうございます!!
難しい奥居合で、きっちり結果を残せるのは、さすがですね。

  •   空穂
  • 2009年05月08日 21:37

空穂さん、ありがとうございます。
奥居合でも好きな業と苦手な業がありますから、業が指定されている場合だともっと難しいかもしれません。
どんな業でもいい演武ができるようにしていかないといけませんね。

コメントする

コメントする
お手数で申し訳ありませんが、手動で送信されたコメントであることを示すために、右側に表示されている数字を半角で入力してください。
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •