2009年09月21日

山形旅行記

居合神社奉納演武のため山形まで行ってきましたが、ゴールデンウィーク並みの渋滞が予想される中、無謀にも車で向かいました。

9月20日の10時に山形県の現地集合ということで、自宅(千葉県某所)何時に出発したらいいのか?

カーナビでルート検索してみると、東北道を使って422km、6時間14分と出ました。
東北道は混む、という話を聞いていたので、途中まで常磐道を使うことにしてみると、434km、6時間29分。
大差ないので後者で行くことにし、途中の休憩や仮眠の時間も考慮し、前日の23時に出発しました。

以下、往路の状況です。

9月19日 23時:出発
 〜 常磐道は車が少なく、スイスイ進む ヽ(´ー`)ノ
9月20日 0時40分頃:東海PAにて一休み
 〜 中郷SAにて給油しようとするも、GSが閉まってた _| ̄|○
 〜 いわきJCTから磐越道へ
2時頃:阿武隈高原SAにて給油&仮眠
5時30分頃:阿武隈高原SAを出発
 〜 郡山JCTから東北道へ
 〜 このあたりから車の量が増えてきた。渋滞というほどではないが、車が繋がった状態。
6時30分頃:国見SAで休憩しようとするが、駐車場が満車で少し待たされた
 〜 国見SAで朝食。蔵王豚ステーキ丼。旨かった ヽ(´▽`)ノ

蔵王豚ステーキ丼

7時15分頃:国見SAを出発
 〜 村田JCTから山形道へ。山形道へ入るとまた車が少なくなった
 〜 山形JCTから東北中央道へ
8時30分頃:「道の駅むらやま」に到着
 〜 ここから居合神社まではすぐなので、ここでしばし休憩
10時:居合神社到着

ということで、行きは渋滞にはまることもなく、順調に到着しました。


9月20日のイベントについてはこちらの記事を見ていただくとして・・・


9月21日は朝食後に現地解散となり、とりあえず「道の駅むらやま」でお土産を物色。
ついでに観光案内のパンフレットも物色し、このあたりは蕎麦が名物ということなので、近くの「板そばの里 村山 手打ち塾」へ。

手打ち塾

ここではそば打ちの体験もできるのですが、今回は食べるだけに。

そば打ち体験

そばが出来上がるのを待っている間に、体験しに来たお客さんが次々と来店していたので、結構人気があるようでした。

そば

食事のメニューは「碁点もり」(普通盛り)と「最上川もり」(大盛り)しかないのですが、碁点もりを頼んで待っていると、茄子の漬物や、天ぷらが出てきました。
なんとこれらはサービスということでした。
漬物はまだしも、天ぷらがサービスって・・・
中にはアケビの天ぷらもあり、揚げたてでとても美味しかったです。
メインの蕎麦も、こしがあり味がしっかりしていて、薬味など無くても十分味わえ、おかわりしたくなるくらい旨かったです。


その後、山形市内へ移動し、冷しラーメンの元祖、栄屋本店へ。
冷し中華とは一味違う、山形の冷しラーメンを一度食べてみようと思い、せっかくなので発祥の店へ行ってみました。

店舗と行列

11時50分ごろに着いてみると、行列が出来ていました。
元祖だけあってさすがに有名な店のようです。
それほど長い列でもなかったのですが、昼前でちょうど店がいっぱいになったところなのか、なかなか列が進まず、席に着くまで30分弱、注文した冷しラーメンが出てくるまでさらに15分ほどかかりました。

冷しラーメン

麺は太め、スープは薄味で、さっぱりしています。
私は冷し中華の濃い味はそれほど好きではないので、暑い季節にはこちらのほうがいいかなと思いました。

でも特別美味しいというほどでもないかなぁ・・・
近所にあって混んでないなら、たまに食べに来るかもしれませんが、わざわざ遠くから来て並んで食べたいというほどではないかも。


もう少し観光したいところですが、帰りの道が混まないうちにと思い、13時過ぎに山形を出発。行きと同じ道で帰ることにしました。

以下、復路の状況です。

9月21日 13時10分頃:山形市を出発
14時35分頃:吾妻PA手前で渋滞にはまる。事故渋滞で、30分ほどで解消
16時頃:阿武隈高原SAで休憩
17時頃:鞍掛トンネル付近から渋滞。30分くらいで解消。原因不明
18時頃:東海PAで休憩
 〜 断続的に渋滞・・・
20時頃:守谷SAで夕食。屋台がたくさん並んでいて、ちょっとお祭り気分 ヽ(´▽`)ノ
22時頃:帰宅

山形市からだと、ナビの検索結果が5時間45分となっているので、食事や休憩時間を除けば、+2時間くらいですかね。
まあマシなほうでしょうねー


FIAT 500に乗り換えてから一番の遠出でしたが、前のRover MINIと比べると、

・シートがかなり後ろまで倒せるので仮眠が(いくらか)楽だった
 →MINIのシートはあまり後ろまで倒れない・・・

・高速走行(時速何kmかは秘密)のエンジン音が小さく、安定している
 →MINIで同じ速度だと音がうるさい

・デュアロジックのオートモードだとシフトチェンジの操作が不要なので、ノロノロ渋滞時のストレスが少ない
 →MINIのときはMTだったので。

ということで、比較的楽でした。


今回の遠出で通算走行距離が6000kmを越えたし、11月で1年になるので、そろそろ点検に出すかな。

2009年09月20日

山形居合神社奉納演武

居合神社1

山形県村山市にある、居合神社へ行ってきました。
これは居合術の祖である林崎甚助源重信が祀られている神社で、元は熊野明神だったところへ居合明神が合祀されたことから、正式には「熊野・居合両神社」というそうです。


居合神社2

それほど大きな神社ではなく、鳥居の奥にある本殿のほか、写真の左側にある白い壁の建物(掲額殿)と、武道場(振武館)、あとは石碑がいくつかありました。


居合神社3

石碑の一つ、平井阿字齋先生の「居合無窮」の碑です。


村山居合振武館1

振武館の武道場。
立派な道場ですね。


村山居合振武館2

振武館には宿泊施設もありました。


参拝1 参拝2

居合神社への参拝し、


奉納演武1

四方祓いの後、


奉納演武2 奉納演武3

それぞれ奉納演武を行いました。


奉納演武4

八千代の先生方による「太刀打ちの位」の演武もありました。


掲額1

こちらが掲額殿。
居合関係の色々な団体から、額が奉納されています。


掲額2

大日本居合道連盟創立三十五周年記念の扁額も奉納させていただきました。


懇親会1

夜は「たびやかた嵐湯」で懇親会。

地元の「徳内ばやし」や、


懇親会2

カラオケで大いに盛り上がりました。


居合神社には以前より一度来てみたいと思っていましたので、今回はこの地で奉納演武ができてよかったです。
また機会があれば訪れてみたいと思います。

2009年09月その他のエントリー