2009年10月24日

12ヶ月点検

(クリックで拡大します)

FIAT 500の12ヶ月点検を行いましたが、まったくの異常なしでした。

昨年11月に納車され、約1年で走行距離は6672km。
給油量から計算した燃費は、12.05km/l。

carviewのユーザーレポートでは13.93km/lとなってました。
街乗りが多く、自宅付近は渋滞しがちだから仕方ないかな・・・

2009年09月21日

山形旅行記

居合神社奉納演武のため山形まで行ってきましたが、ゴールデンウィーク並みの渋滞が予想される中、無謀にも車で向かいました。

9月20日の10時に山形県の現地集合ということで、自宅(千葉県某所)何時に出発したらいいのか?

カーナビでルート検索してみると、東北道を使って422km、6時間14分と出ました。
東北道は混む、という話を聞いていたので、途中まで常磐道を使うことにしてみると、434km、6時間29分。
大差ないので後者で行くことにし、途中の休憩や仮眠の時間も考慮し、前日の23時に出発しました。

以下、往路の状況です。

9月19日 23時:出発
 〜 常磐道は車が少なく、スイスイ進む ヽ(´ー`)ノ
9月20日 0時40分頃:東海PAにて一休み
 〜 中郷SAにて給油しようとするも、GSが閉まってた _| ̄|○
 〜 いわきJCTから磐越道へ
2時頃:阿武隈高原SAにて給油&仮眠
5時30分頃:阿武隈高原SAを出発
 〜 郡山JCTから東北道へ
 〜 このあたりから車の量が増えてきた。渋滞というほどではないが、車が繋がった状態。
6時30分頃:国見SAで休憩しようとするが、駐車場が満車で少し待たされた
 〜 国見SAで朝食。蔵王豚ステーキ丼。旨かった ヽ(´▽`)ノ

蔵王豚ステーキ丼

7時15分頃:国見SAを出発
 〜 村田JCTから山形道へ。山形道へ入るとまた車が少なくなった
 〜 山形JCTから東北中央道へ
8時30分頃:「道の駅むらやま」に到着
 〜 ここから居合神社まではすぐなので、ここでしばし休憩
10時:居合神社到着

ということで、行きは渋滞にはまることもなく、順調に到着しました。


9月20日のイベントについてはこちらの記事を見ていただくとして・・・


9月21日は朝食後に現地解散となり、とりあえず「道の駅むらやま」でお土産を物色。
ついでに観光案内のパンフレットも物色し、このあたりは蕎麦が名物ということなので、近くの「板そばの里 村山 手打ち塾」へ。

手打ち塾

ここではそば打ちの体験もできるのですが、今回は食べるだけに。

そば打ち体験

そばが出来上がるのを待っている間に、体験しに来たお客さんが次々と来店していたので、結構人気があるようでした。

そば

食事のメニューは「碁点もり」(普通盛り)と「最上川もり」(大盛り)しかないのですが、碁点もりを頼んで待っていると、茄子の漬物や、天ぷらが出てきました。
なんとこれらはサービスということでした。
漬物はまだしも、天ぷらがサービスって・・・
中にはアケビの天ぷらもあり、揚げたてでとても美味しかったです。
メインの蕎麦も、こしがあり味がしっかりしていて、薬味など無くても十分味わえ、おかわりしたくなるくらい旨かったです。


その後、山形市内へ移動し、冷しラーメンの元祖、栄屋本店へ。
冷し中華とは一味違う、山形の冷しラーメンを一度食べてみようと思い、せっかくなので発祥の店へ行ってみました。

店舗と行列

11時50分ごろに着いてみると、行列が出来ていました。
元祖だけあってさすがに有名な店のようです。
それほど長い列でもなかったのですが、昼前でちょうど店がいっぱいになったところなのか、なかなか列が進まず、席に着くまで30分弱、注文した冷しラーメンが出てくるまでさらに15分ほどかかりました。

冷しラーメン

麺は太め、スープは薄味で、さっぱりしています。
私は冷し中華の濃い味はそれほど好きではないので、暑い季節にはこちらのほうがいいかなと思いました。

でも特別美味しいというほどでもないかなぁ・・・
近所にあって混んでないなら、たまに食べに来るかもしれませんが、わざわざ遠くから来て並んで食べたいというほどではないかも。


もう少し観光したいところですが、帰りの道が混まないうちにと思い、13時過ぎに山形を出発。行きと同じ道で帰ることにしました。

以下、復路の状況です。

9月21日 13時10分頃:山形市を出発
14時35分頃:吾妻PA手前で渋滞にはまる。事故渋滞で、30分ほどで解消
16時頃:阿武隈高原SAで休憩
17時頃:鞍掛トンネル付近から渋滞。30分くらいで解消。原因不明
18時頃:東海PAで休憩
 〜 断続的に渋滞・・・
20時頃:守谷SAで夕食。屋台がたくさん並んでいて、ちょっとお祭り気分 ヽ(´▽`)ノ
22時頃:帰宅

山形市からだと、ナビの検索結果が5時間45分となっているので、食事や休憩時間を除けば、+2時間くらいですかね。
まあマシなほうでしょうねー


FIAT 500に乗り換えてから一番の遠出でしたが、前のRover MINIと比べると、

・シートがかなり後ろまで倒せるので仮眠が(いくらか)楽だった
 →MINIのシートはあまり後ろまで倒れない・・・

・高速走行(時速何kmかは秘密)のエンジン音が小さく、安定している
 →MINIで同じ速度だと音がうるさい

・デュアロジックのオートモードだとシフトチェンジの操作が不要なので、ノロノロ渋滞時のストレスが少ない
 →MINIのときはMTだったので。

ということで、比較的楽でした。


今回の遠出で通算走行距離が6000kmを越えたし、11月で1年になるので、そろそろ点検に出すかな。

2008年12月23日

初回点検

11月に納車されたFIAT 500、走行距離がもうすぐ1500kmになるので、ディーラーが休みになる前に初回点検をしてもらうことにしました。

昨日の夜に運転したとき、グローブボックスあたりから小さく「カチカチ」という音が不定期的に聞こえていたので見てもらったけど、特に異常は見られないとの事。
実際、今日は音がしてなかったし、問題ないかな?

他の点検結果も異常なしで、エンジンオイル(3L)の交換をしてもらって終了。

オイル交換で、走りが軽くなったような、そうでもないような。


キーホルダー

点検を待っている間、ディーラーのショールームをぷらぷらしていたら、キーホルダーを発見。
「500」の文字をモチーフにしたシンプルなデザインで気に入ったので購入〜。

2008年11月17日

Freude am Fahren

タイトルは「駆けぬける歓び」を意味するドイツ語です。
ってこれはBMWのキャッチフレーズだった^^;

FIAT 500が来て1週間、平日は帰宅してから用も無いのに近所を走り回り、
週末は高速道路を駆けぬけて、気づいたら走行距離が500km超えてました。
運転が楽しくて仕方ありません ヽ(´▽`)ノ

シフトレバー(クリックで拡大します)

前のRover MINIと比べて違うところは多々ありますが、大きな違いの1つがトランスミッションです。
MINIではマニュアルでしたが、今度のは「ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション(デュアロジック)」となっています。

クラッチペダルは無く、シフトレバーを前後に動かすことで変速操作を行います。
「ATモード付き」とある通り、オートモードに切り替えると自動的にギアチェンジしてくれるので
AT車のように扱うことも出来ます。

ただ、オートモードでは変速時の違和感(ちょっと前につんのめる感じ)があるので、
基本的にはマニュアルモードで運転していました。


メーター(クリックで拡大します)

メーターはこんな感じ。
速度と回転数のメーターがまとめられています。
中央の時計(11:53となっているところ)の上に、ギアの位置が示されています。
(写真では1速に入っている状態)

視力の弱い人には見づらいかも?


ガラスルーフ

外から見るとルーフが黒く見えるので、「どうなっているの?」とよく聞かれます。


ガラスルーフを内側から見たところ

私が購入したモデル(LOUNGE)では、固定式のガラスルーフになっていて、空が見えます。
晴れた日にはとても開放感があります。


サンシェードを閉じたところ

サンシェードもあります。
けど透けてますね…
真夏の日差しに堪えられるのだろうか…

2008年11月09日

FIAT 500納車!

8月に注文したFIAT 500、いつ来るのか分からず待ち遠しい日々が続きましたが・・・

引継ぎ

やっと来ました!
左が11年間お世話になったRoverのMINI Cooper、右がFIAT 500です。


このFIAT社の「500」という車は、実は古い歴史を持っています。

1936年に「500 Topolino」(トポリーノ:イタリア語で「ハツカネズミ」)という、当時としては革新的な小型車が世に出ました。
500 Topolino

その後継として、1957年に「Nuova500」(ヌォーヴァ:イタリア語で「新しい」)が発売され、イタリアで大ヒットしました。
Nuova500
日本でも、アニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」でルパンが乗っていたことでも有名です。

Nuouva500発売から50周年を迎えた2007年に、新型のFIAT 500がイタリアで発表・発売されました。
(日本導入は2008年3月)


FIAT 500の車内

車内はこんな感じ。


ボディサイズは全長3,545mm、全幅1,625mmと、トヨタのヴィッツよりも小さいわけですが、
Rover MINIに乗っていた自分からするとだいぶ大きく感じます。
まだ車の大きさに慣れておらず、運転はかなり慎重にならざるを得ません。

特にバックしようとしたときは、「後ろが見えない!」という感覚でした。
それほど窓が小さいというわけでもないと思うのですが、Rover MINIはピラーが細く、
また車高も低かったため、周りの状況を確認しやすかったのだと思います。
まあそのあたりは徐々に慣れていくしかないですね。

今日は用も無いのに近所をぐるぐると乗り回していました。
次の休みにはドライブに行くかな〜

2008年08月16日

Fiat500注文

Rover MINI

1997年8月にRover MINI 1.3iを購入して11年経過しました。
1995年式の中古だったで、このMINIも13歳、人間の年齢で言えば68歳の老MINIです(嘘)

68歳かどうかはともかく、最近はアイドリングが安定しないことがあったり、
気づくとメーターのバックライトが消えてたり、ボディが錆でぼろぼろだったり、
大雨の後に車内がひどく結露してたことがあったりと、だんだん怪しくなってきました。

今年の11月が車検なので、もう1回車検を通すか、その前に買い換えるかを去年から悩んでました。

買い換えるとしたら何がいいか?
BMW MINIは、Rover MINIのデザインをうまく引き継いでいて悪くないけど・・・
税金なんかを考えると軽自動車という手もあるけど・・・
うーん・・・


と悩んでいたところで、去年の7月にイタリアでFiat500の新型が発表され、
日本でも今年の3月に発売されました。

Fiat500

これもいいなあ〜と思って考えていたのですが、ディーラーへ見に行って試乗してみたら
俄然欲しくなってしまい、今日注文して来ました(´ー`)y-~~

もっとも、本国イタリアで大人気らしく、日本にそれほど出荷されてこないようで・・・
納車されるのは10月か11月になりそうです。
早く来ないかな・・・


マウス(パッケージ)

それまでの間、このFiat500型マウスを眺めながら待つことにします。

マウス(前)

PCに接続すると、ヘッドライトが光ります。

マウス(後)

ちゃんとブレーキランプも光ってます。

ちなみにボンネットがボタンになっています。
使いにくいですけど・・・

FIAT 500その他のエントリー