2009年08月30日

[無限塾]昇級審査会(平成21年夏)

黙想

今日は体術の昇級審査でした。

今までの昇級審査では、自分より級や経験が上の子供たちばかりで緊張したものですが、
「少年部」よりも「一般の部」のほうが昇級が早いので、今回は級だけ見れば上のほうになっています。

そうすると、子供たちにいいところを見せようと余計な気合が入りすぎて、やっぱり緊張してしまいました。
あまり欲を出してはいけませんねぇ。

まあ何とか間違えずに組み手や型を行い、無事三級をいただきました。


いつものように、PENTAXのデジタル一眼レフカメラK10Dを持ってきていたのですが、
途中で電池が切れてしまいました。
確かにしばらく充電していなかったのですが、前日にチェックしたときは電池残量は減っていないように表示されていたのに・・・

いいカメラなのですが、この電池残量がわからないのだけは困ります。
専用バッテリーだから乾電池を使うというわけにもいかないし。
9月の林崎居合神社奉納へ行くときには、しっかり充電していこう・・・

2009年04月29日

[無限塾]昇級審査会・四二九の茶会

またまた体術の審査会がやってきました。

組手

体術を始めてもうすぐ1年になりますが、まだまだ体の硬さが抜けません・・・


いつもは子供たちが大半で、大人が数人いるかどうか、という感じでしたが、今回は受審者の半分近くが大人でした。

そのうち1人は初段に昇段されました。
私もまずは黒帯(初段)を目指して修練を続けていこうと思います。


審査会の後は、恒例のお茶会です。
これは、道場(無限塾)の創立記念日である四月二十九日と、「至福」「雌伏」などの言葉とかけて「四二九(しふく)の茶会」と題して毎年行われているものです。

お茶会(子供たち)

お茶会(おっさ、じゃなくて大人たち)


お茶会と言っても堅苦しいものではなく、楽しい雰囲気でお菓子とお茶を愉しむことができます。
来年も同じ日に行われるはずですので、興味のある方はお気軽にご参加ください!

2008年12月21日

[無限塾]昇級審査会・清話の集い・忘年会

5月に始めた体術ですが、前回に続いて2度目の昇級審査を受けました。

四方投げ

動きを間違えたり掛け声を忘れたり・・・
子供達が見てるのでとても緊張します。
何しろ子供達のほうが先輩なので。


清話の集い

その後は無限塾の年末行事、「清話の集い」で、今回は居合道家にして発明家でもある無雙館の先生から、発明に関しての話をしていただきました。
発案・商品化して宣伝に駆け回った体験や、他の人が大ヒットさせたものと同じアイデアを出していたのに「売れないだろう」と思って具現化できなかった経験など、とても興味深いお話でした。


忘年会

そして恒例の忘年会。
居合の他支部の方々や、道場関係者の個人的な知り合いなど、たくさんの人が参加して色々なお話をすることが出来ました。

来年もまたよろしくお願いします。

2008年08月31日

[無限塾]体術昇級審査(平成20年夏)

私が居合を習っている道場(無限塾)では、居合だけでなく体術や棒術・杖術の稽古も行われています。
体術というのは、空手のような突き・蹴りや、合気道のような相手を投げる・押さえる技術を含んだ古武術です。

私自身はずっと居合だけやっていたのですが、今年から体術も習い始め、初めての昇級審査会を迎えました。


一本組手

一本組手

2人組みでの約束組手や、型の動き、受身などを演武して審査を受けます。

これまで、体術を習ってはいなくても、同じ道場のイベントとして昇級審査会はよく見ていたのですが、
いざ自分でやってみると緊張します。
うーん、写真を見てみると腰が落ちてないなぁ・・・


先輩の組手

先輩の横蹴り上げ

体術を習っているのは小学生の子供達が多いのですが、小さいながらもしっかりとした動きです。
今までは「小さい子がかわいいな〜(*´▽`*)」という感じで見ているだけでしたが、
自分も負けないよう稽古しないとイカンと思いました。

おじさんあんなに足上がらないよ・・・

体術その他のエントリー